協会理念

私共は「自動車盗難の撲滅」、「盗難車の発見」に3年間力を入れてきました。
しかし様々な理由から思った程の成果を上げることが出来ませんでした。

これからも活動は続けて参りますが、「盗まれてからでは遅い」事に気付きました。
そして行き着いた答えが「盗難される前の対策」でした。

ここに日本カーセキュリティー協会を立ち上げ全国の盗難防止に努めたいと思います。

1. 社外カーセキュリティの普及促進

自動車盗難情報局での活動を経て、盗難される前の対策が非常に重要だと感じました。
今の車には純正カーセキュリティがついていますが、あまり効果がないのが現状です。
そこで誤報のない信頼できるカーセキュリティの普及促進をしていきます。

2. 車上荒らしなどによる被害の防止

盗まれにくい車に乗っていればカーセキュリティは関係ないと思われがちですが、車上荒らしとなるとすべての車が対象となります。
実際に車上荒らしにあうとほぼ泣き寝入り状態ですので、事前の対策が大切となります。
車上荒らしにもカーセキュリティは有効ですので、カーセキュリティの必要性を伝えていきます。

3.取付店の普及促進

社外カーセキュリティが重要でも適切に取付できる取付店がなければ意味がありません。
ユーザーと取付店を結ぶマッチングサービスの提供をしていきます。

4.カーセキュリティ事業のバックアップ

待ちの車屋さんは比較的簡単に始めることができ、増え続けております。
その反面、お客様の奪い合いになってしまい車一台の販売利益が激減して、経営が続けられないのが現状です。
カーセキュリティの取り付けは誰もができるものではありませんが、
日本カーセキュリティ協会でカーセキュリティ事業のバックアップいたします。

カーセキュリティ用語集

  1. カーセキュリティ用語集

    [table id=10 /]…

プレスリリース

  1. 2018/10/24

    プレスリリースはここに入力
過去の記事
ページ上部へ戻る